円高円安

1ドル80円の円高で政府介入したときがありましたが、1ドル120円になりました。どちらかというと円安(?)です。しかし、円高のときほど社会情勢に不安感が広がっている様子ではないことから、ある程度妥当なところで推移しているのではないかと思いま す。現在は1ドル117円となっています。円高か円安かという判断はややもすればあいまいなもので、ニュースにおいて専門家が円高といえば円高であるし、円安といえば円安と解釈しています。


関連カテゴリ
情報
サイトナビゲーション

少額の証拠金で大きな額の取引が可能

fsdf888 FX取引とは外国為替証拠金取引のことで、その魅力は、少額の証拠金で大きな額の取引を行えるということと、差金決済取引のため、実際に出た利益、損失のやり取りだけで済むというところです。例えば、株式取引などの場合には大きな金額が必要となります。信用取引を利用しても同様です。機関投資家などのように潤 沢な資金を持っている投資家には有利な取引をすることができます。ところが、個人投資家のように投資資金が少ない場合には、分散投資も難しく、どうしても大口投資家と比べると不利な投資を強いられてしまいます。

インターネットが普及したことにより、機関投資家と個人投資家の情報格差の問題は、だいぶ解消されてきました。そして、資金量による投資の格差を解消して いるのが証拠金取引という手法です。現在、FXの場合、個人投資家のレバレッジは25倍までと規制されています。25倍ということは、10万円を証拠金とした場合には250万円までの投資が可能となります。ドル円の場合ですと2万ドル強の取引ができます。証拠金を100万円にすると20万ドルの取引です。

このように、レバレッジをかけて大きな投資ができることが、証拠金取引の最大の魅力です。レバレッジとはてこの応用のことですが、25倍までかけられるというのは大きなメリットです。海外FXの場合などでは、規制がないため500倍とか1000倍までレバレッジをかけられます。ただ、実際に取引をしている と分かりますが、当然リスクも大きくなるわけで25倍くらいがちょうどよい水準です。言うまでもなくハイリスクハイリターンな商品なわけです、もちろん、レバレッジの倍率は、自分で決めることができますので如何に資金管理ができるかが勝負となります。

また、国内のFX業者の場合には、スプレッドが狭く大変有利です。スプレッドとは、通貨取引を行う際に買値と売値の差額のことです。この差額が、国内FX 業者の場合には、0.3銭から0.6銭くらいのところが多く、これも大変なメリットです。しかも、取引手数料無料のところがほとんどです。海外FXの場合には、取引手数料は同じく無料がほとんどですが、スプレッドは2銭前後というところが多いというのが実情です。

いずれにしても、取引手数料は無料でスプレッドも狭い訳ですから、投資家にとっては利益を出せるチャンスは他のどのような投資方法と比べても大きくなります。要するに、取引するのにコストがほとんどかからないということです。投資ですから、当然リスクはありますが、FX取引は他のどの投資より成功できる可能性が高い取引であるといえます。