円高円安

1ドル80円の円高で政府介入したときがありましたが、1ドル120円になりました。どちらかというと円安(?)です。しかし、円高のときほど社会情勢に不安感が広がっている様子ではないことから、ある程度妥当なところで推移しているのではないかと思います。現在は1ドル117円となっています。円高か円安かという判断はややもすればあいまいなもので、ニュースにおいて専門家が円高といえば円高であるし、円安といえば円安と解釈しています。


関連カテゴリ
情報
サイトナビゲーション

初心者が知っておくべき投資の基本

fsdfhyys8 投資にはとても多くの資産が必要だ、という思い込みがありませんか。バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記にあるように、実際には、平均的な収入のサラリーマンであっても、月に1万円程度から始めていけば十分に大きな資産とすることも可能なのです。可能性でいえば、500円程度のワンコインから始められる投資もあるので、職業を持たない人や子供にもできるといえるでしょう。
銀行預金であっても資産にリスクはつきもの

資産というものは、絶対に安全ということはありません。それは銀行預金であっても同じことです。永遠に元本がそのまま残るということはありえないのです。
さらに極端なことをいえば、仮に元金が保証されていたとしても、その資産が未来永劫ずっと同じ価値でありつづける保証もないのです。この世の資産には、すべてそのようなリスクとリターンが含まれています。そして資産のタイプによっては、それぞれメリットとデメリットが異なってくるということもよく知っておかなければいけません。
投資方法は目的次第で選ぶ
投資をリスクによって大きく分けると、以下の3つになります。
・長期投資
 安定性は銀行預金と同等でありながら、それよりもさらに高い利息を考えるローリスクの投資。

・中期投資
 分析を行いながら売買の差益で儲けを考える、ミドルリスクの投資。
 
・短期投資
 大きな儲けを一気に得ることを考える、ギャンブル性の高いハイリスクの投資。長期投資を始めるには、それほど多くの知識や技術は必要ないでしょう。中期投資であれば、ある程度の知識や技術が必要となってきます。

短期投資に関しては、そのような知識や技術だけではなく、専念できる時間も重要になってきます。また、最終的には運が大きくものを言います。現在では特にさまざまな分野の投資が登場しているので、目的次第でさまざまに使い分けることができます。貯蓄の利回りをもっと有利にしたいと考えているのならば投資信託、大きな利益を一気に狙うなら少額の資本でレバレッジをかけることのできるFXのデイトレードなどがあります。自分はどんな目的で投資を始めようと思っているのか。
そのことをよく考えた上で、どの金融商品で取引するか選ぶようにしてください。あまり適当にあれもこれもと手を出していると、確実に損失を出すだけに終わります。しっかり目的を限定して、集中することが重要です。あまり時間がない人や初心者であれば、リスクの少ない長期投資を行うようにしましょう。投資信託や海外ETFなどを利用すれば、銀行預金よりもずっと有利な利回りで老後の蓄えを安定的に増やしていくことも可能になります。

投資はどれだけ効率がよいのか
投資の効率というものは、投入する資産によっても変わってきます。仮に100万円を運用すると考えましょう。銀行に預けておけば、普通預金で年利0.02%がつくので、年間200円分の利益が出ることになります。それにくらべ、グローバルバランス型の投資信託であれば平均年利は7%なので、1年で7万円の利益が出ることになります。同じように安定的な運用であっても、銀行預金と投資信託ではこれほど大きな差が出ることをよくおぼえておいてください。