円高円安

1ドル80円の円高で政府介入したときがありましたが、1ドル120円になりました。どちらかというと円安(?)です。しかし、円高のときほど社会情勢に不安感が広がっている様子ではないことから、ある程度妥当なところで推移しているのではないかと思います。現在は1ドル117円となっています。円高か円安かという判断はややもすればあいまいなもので、ニュースにおいて専門家が円高といえば円高であるし、円安といえば円安と解釈しています。


関連カテゴリ
情報
サイトナビゲーション

バイナリーオプションと取引時間

バイナリーオプションは、理解しやすいシンプルな取引ルールで、投資の初心者からも大きな人気を得ている金融商品の一つになります。
人気を得ている理由はもちろんこれだけではなく、数百円から千円程度の少ない資金からでも本格の投資取引が行えることや、スマートフォンなどを利用して、いつでも注文を入れることができることも、その大きな理由となっており、また、取引ルールの形態から、投資を行う前に、その利益と損失をあらかじめ見込むことができるために、投資資金の運用がわかりやすく、丁寧に行えるために安心して取引きができるという点も受けているようです。

このバイナリーオプションですが、取引きをする銘柄や、バイナリーオプションを取り扱っている業者の状況によっては、取引きを行えない時間があるために、注意と確認が必要になります。

バイナリーオプションでは、相場のレート変動を利用して投資を行っていきますが、例えばFXのように、通貨を保持してその通貨に利益や損失が生まれるのを待ち、それを決裁することで利益や損失を確定していくのではなく、あらかじめ取り決めてあるルールに従って判定をし、その判定によって投資の成否を決定しています。

具体的には「相場レートが、一定期間の間に、あらかじめ決められた条件を達成できるかどうか」というルールに則り、様座七取引ルールがあるのがバイナリーオプションで、もっともよく利用されている取引きルールは、例えば通貨が銘柄の場合には「現在1ドル100円の相場が、2時間後に1ドル110円よりも高くなっているか、低くなっているか」を予測する「ハイ&ローオプション」というものになります。

このように、相場の変動が条件を達成するかしないかを見て判定を行っているために、いろいろな銘柄が用意されているのです。

最もよく用いられているのは、世界各国の通貨になりますが、これ以外にも、有名企業株、世界の証券取引所の株価指数、石油や天然ガスなどのエネルギー、プラチナ、金、銀などの鉱石、砂糖、小麦、コーヒーなどの農作物など、実に多種多様な相場銘柄が用意されています。

このことにより、その相場を扱っている市場が開いている時間でなくては扱えない取引もあり、こうしたことからバイナリーオプションでは、取引きを行えない時間帯もあるのです。
よく取り扱われている通貨を銘柄にしている場合は、これを扱っている外国為替市場が、平日であれば24時間取引きが行えるために、バイナリーオプションでも、多くの場合はいつでも投資取引を行えるのですが、確認は必要になります。
また、取引業者ごとの指定の取引中止時間帯がある場合もあり、主にサーバーのメンテナンスなどになりますが、平日で十分前後、土日であれば数時間というまとまった時間の間は、取引きが行えない場合があるので、公式ウェブページなどをしっかり見ておくとよいでしょう。

また、バイナリーオプションでは、取引きの判定が満期になる時間帯も、業者によっては取引時間と呼んでいることもありますので、こうしたことを勘違いしないように、「銘柄での取引が可能な時間帯」、「サーバーメンテナンスなどで取引自体が行えない時間帯」、「その投資の取引判定の満期の時間帯」というものを、それぞれしっかりと確認しておくことをお勧めします。